磯の香りのハンバーグ

ありと月は、2017年7月10日からグランドオープン(通常営業)となります。

看板メニューの「ありがとうランチ」は週替わりになっていて、季節や旬に合わせて一週間ごとに内容が変わるそうです。

すごいですね。

毎週、その時期に合わせたおすすめの献立が味わえるなんて楽しみです。

店主Lunaさんはオープンに向けて、毎日メニューの試作中です。

これまでの経験でつちかった、たくさんのレシピの中から試行錯誤の真っ最中。

今日の試作ランチをご馳走になってきました。

まずは、Lunaさん一押しの「新玉ねぎのスープ」。この玉ねぎのスープは別名「滋養スープ」で、ありがとうランチの軸になるようです。今日のスープは、「梅雨に向けてからだをつくる」ようにアレンジされていました。

ごはんは、古代米入りです。

メインは、長いも磯バーグ。しらす、えび、わかめ、長いもが入った、グルテンフリーのハンバーグです。胃に優しいレシピとのこと。

黒っぽいのが、養老豆腐。材料は、長いも、練り黒ごま、葛。葛を使うなんて贅沢ですね。腎にいいレシピだそうです。

ほうれん草の人参ドレッシングあえ。隠し味?に焼き海苔が入っていました。

デザートは、葡萄寒天。葡萄の果汁で作った寒天に、クコの実、ブルーベリー、キウイ、レモン、ミントが添えられていました。

食べた後、不思議とお腹がポカポカあったかくなってきました。

からだが喜ぶランチでした。

きよみん

ありと月

京都・左京区一乗寺のオーガニック薬膳風カフェ、ありと月。地元で採れた旬の野菜と、オーナーが厳選して取り寄せたこだわりの食材で作る手料理。おいしく食べて元気になるカフェを目指しています。